読書人もやしの住処。

異世界漫画&令嬢漫画を好きに語っておすすめするブログ

年の差異世界転生婚◆残り物には福がある。単行本◆感想&試し読み「42になります」

今回もタイトルの一言セリフはリンさんから…( ´艸`)
名言です。 

 

1話試し読みとは雰囲気が全く違った!

発売日に購入しました!
待ちに待っていた『残り物には福がある。』単行本!

 

前回、2話分だけ単話で買って感想書いたんですが、単行本専門のもやしはこの日をずっと待っていました…。

そして速攻通しで読んでびっくりしました…。

「最初の感じと全然違うやん! 工工工エエエェェェ(゚Д゚)ェェェエエエ工工工」

 

前回イケジジとの異世界転生ラブコメと感想で書いたんですが。

ナコちゃんんんーっ……!!TT

 

主人公ヒロインのナコちゃんは現代から転生したJK(転生時はJC)なんだけど、もうその庶民感満載なJKの様子にほのぼの年の差ラブコメかなーと思ったんですよ。

 

前回の感想

 ↓ ↓ ↓

manga-no-osusume.com

 

いや、年の差万歳! イケジジ最高! なのは変わりません!

枯れ専じゃなくても大丈夫!!

 

そこはそのまんまなんだけど!

あ、もちろんいい方に違うんです!!

 

何が違うって、話の雰囲気とか、とくにナコちゃんですね。ナコちゃん。

 

なに、そんな切なく重い思い!? (ダジャレではないが、ダジャレが似合う話です)

 

あと、JK育ち盛りだしねえ…成長著しい…(*-ω-)ウンウン

かわいそうなヒロインがヒーローに出会ってあーよかった、幸せ全開! ってわけではない

2話まで読んだ感想では、コメディというよりギャグ路線かなって思うくらいだったんですよ。

確かにJCくらいってまだまだ子供で、元気いっぱいな部活で真っ黒に日焼けしていて、

 とても淑女とはかけ離れていますよね。

特に神子として召喚でしょ?

なんとなくエルフのような透け感がありそうなのイメージしますよね。

1,2話辺りはそれが前面に出ていて、ギャップありすぎで痛い感じでファンタジーな王国と違和感あったのが如実に感じるほどで。

それをギャグ路線で通すのかなと思ったら。

 

全部読んでみると切ないラブストーリー! (´;ω;`)ブワッ

イケジジとの恋愛でリアルな悩みも出てくるし。

 

ナコちゃん神子として召喚なので、その辺の話もつじつま合うし。

神子に対してそういう嫌なこともあるだろうなという、人間のいやらしさも存分にでてくるあたり、ファンタジーだから! とスパッと割り切って楽しい話に終始するわけではなく。

結構リアルに描かれているあたり、前半2話分ではわからないですねえ…。

もやし的にはこういうの好きよ。うん。

 

すれ違っててイケジジも実は切ない…(´;ω;`)ブワッ

とはいえ、

もちろん、笑いもしっかりあるので、笑いあり涙ありですよ。 

イケジジ・ジル様がとっても大人で、ナコちゃんのことをよく見ていて、大人なんだけど女性の扱いに慣れていない感じもあって、お互い遠慮しちゃっているところがすれ違いというか。

 

ワイワイきゃーきゃーするような話だと思っていたら、かなり切ない系だったので、ストーリー重視カテゴリですね (`・ω・´)キリッ

 1冊できれいにまとまっているので、読後もすっきりです。

 ちょこっと試し読み

マジか…(;'∀')

※公式があらすじでばらしているのでネタバレにはあたりません

 フェアリーキス編集部サマ公式ツイートより引用☆

https://pbs.twimg.com/media/EmGmZxkU4AEswIm?format=jpg&name=large

 

 

がっつり試し読みはこちらでどうぞ 

残り物には福がある。1
「寂しい老人を慰めると思って、余生に彩りをいただけませんか」
跪き、優しい笑顔を浮かべて懇願するグリーデン伯爵に、ナコはひと目で恋に落ちた。
2年前、日本から突然異世界に神子として召喚されたナコ。しかし能力は目覚めることなく、横暴国王からグリーデン伯爵に嫁げと命が下り、このたびお払い箱に。
相手は60歳超えのおじいちゃん伯爵。完全に人生終わったと思っていたナコだったが…。
対面した伯爵は超絶ダンディで、溢れ出る品と包容力はまさに現役王子♪ 絶望から一転、ナコの毎日は素敵な伯爵のおかげで萌え死にそうなくらいオジきゅんの嵐!
しかし思わぬところで神子の能力が発揮され、ふたりの関係がこじれてしまうことに…。
↓書籍サイトで試し読み↓

 

おまけ:リオネルって誰だっけかな?

イケメン枠と思われる王様がいるんですが、どうやらリオネルって名前らしく(おい)。

内面クズなんで、イケメン枠なのに顔の崩れっぷりも半端ないのですが、なんか最後にリオネルとか名前が出てくると

「え、それだれだっけ」

と、前からページひっくり返して読んじゃいました(;'∀')

というくらい、扱いがぞんざいな王様でした。

 

意外にこの王様が一番インパクトあるかもしれない…(;'∀')